拷問 3

動画を見る

大きな画像を見る

拷問 3

故人と旧来の交流を持つ僧侶は其の死を未亡人の毒飼ひと確信し様々な手立てで真実を吐露させやうと未亡人を責め立てるのでした。竹材を喪服に拾文字に括り付け、股間や胸部を責め立てます。其のまま座らせ脚の関節に太い竹材を挟み踏み付けたり、竹材が散乱した床に仰向けで仰臥させて踏ん付けたり、突つ突ひたり、乳房を挟んだり、顔面を踏んだりします。首と脚に枷を付けて竹材で打擲したり、突ひたり、御尻に竹材を宛てがひ恥ずかしひ格好をさせ乍ら尋問し続けます。

動画を見る